北九州市小倉南区より、住み心地の良い空間「光と風の家」を提供しています

スマートホーム株式会社 スマートホーム株式会社

お問い合わせ・資料請求

公式ブログ

気密測定

2019年5月30日(木)

こんにちは!営業の上原です。

先日、お引渡しをするお客様のお宅で「気密測定」を行いました。気密測定とは、住宅にどれだけ「管理されていない隙間」が空いているかを調べることです。気密測定試験機という特殊な機械を使い、専門の業者が来て厳密に行います!この隙間の面積は「C値」という値で示され、測定で出た数値(C値)がゼロに近いほど隙間がなく、気密性能が高い家ということになります。

そもそも、なぜ「気密性」が必要なのか?それは、過剰な外気の流入や内気の流出を抑えられ、冷暖房器具を効果的に活用することができるからです。これは光熱費の節約にも繋がりますね!また隙間を最小限にすることにより、計画的に換気を行うことができ、内部のカビやシロアリの発生を防ぎます。快適に安心して暮らすためには、住宅の気密性はとても重要です!

このバズーカ砲のような機械を使用して測定します。とても強そうな機械ですがご安心を(笑)

機械で窓1箇所から室内の空気を外へ強力送風で排出します。一気に建物内部の空気を屋外に排出しますので、建物内部は一時的に負圧の状態になります。その後、時間とともに、いろいろな隙間から屋外の空気が入ってきて、外部と内部の気圧差は同じになります。その内外部が同じ気圧になる時間などから、その建物の気密性能を評価します。

測定中…。ドキドキ…。スマートホームではC値1.0以下を基準に施工しています!今回は…、C値0.9でした♪

家を建てるとき、デザインや家事動線、金額や保証等々…、気になることはたくさんあると思います。今回のご紹介した気密性能や、気密性と同時に重要な断熱性能のこと等も、スマートホームへお気軽にご相談くださいね!

«  / 公式ブログ一覧へ戻る /  »

ページトップへ